本がひらく

NHK出版の書籍編集部が、多彩な執筆陣による連載小説・エッセイ、教養・ノンフィクション読み物や、朝ドラ・大河ドラマの出演者や著者インタビューなどをお届けします。新刊情報も随時更新。ときどき編集部裏話も!

本がひらく

NHK出版の書籍編集部が、多彩な執筆陣による連載小説・エッセイ、教養・ノンフィクション読み物や、朝ドラ・大河ドラマの出演者や著者インタビューなどをお届けします。新刊情報も随時更新。ときどき編集部裏話も!

    マガジン

    • 小説・エッセイ

      人気・実力を兼ね備えた執筆陣によるバラエティー豊かな作品や、著者インタビュー、近刊情報などを掲載。

    • 連載

      ミステリー小説や食エッセイから、小中学生向けの教養読み物まで、さまざまな興味・関心を刺激する作品を取りそろえています。

    • 教養・ノンフィクション

      各分野における最新の知識や再発見、情報の最前線から得た知見など、半歩先の知的好奇心を満たす記事を公開中。

    • わたしたちのSDGs

      地球温暖化やプラスチック問題など、いま話題のSDGsについて考える指針となる情報や本を幅広くご紹介します。

    • NHK出版新書

      ビジネス、哲学、時事、環境、教育、宗教、美術、科学……多彩なジャンルを深くわかりやすく伝えるNHK出版新書の関連記事をラインナップ。

    リンク

    記事一覧

    あの感動の儀式がじつは……。「多くが経験していると思ったのに、一部しかしていなか…

    タレント、女優、エッセイストなど多彩な活躍を続ける壇蜜さん。ふだんラジオのパーソナリティ…

    訃報から3年、医師・中村哲さんが遺した唯一の自伝『天、共に在り』より、用水路の全…

     アフガニスタンに1600本もの井戸を掘り、25キロメートルにおよぶ用水路を拓いた日本人がいた…

    脳は「深遠な展望台」、尿は「太古の海」──世界を旅する現役医師が語る人体の驚異と…

     血液は「体内を流れる川」であり、心臓は流れが滞らないよう指揮をとる。  脳は「自分だけ…

    「いずれわたしも」と思いながら、想定外だった――「マイナーノートで」#20〔転倒事…

    各方面で活躍する社会学者の上野千鶴子さんが、「考えたこと」だけでなく、「感じたこと」も綴…

    本がひらく
    13日前

    現代思想は死んでません!――『試験に出る現代思想』刊行記念、斎藤哲也自作自演イン…

    大学入学共通テスト(以前のセンター試験)「倫理」には、哲学・思想の重要なポイントが毎回出…

    本がひらく
    13日前

    最終回! “最後の女帝”称徳天皇と弓削道鏡、その本当の関係とは?――周防柳「小説…

    「邪馬台国はどこか?」に代表されるように、日本の古代史はいまだ解明されない謎ばかり。その…

    本がひらく
    2週間前

    帰省するひと、それを迎えるひと。同じ記憶を携えて――「熊本かわりばんこ」#20〔あ…

     長年過ごした東京を離れ故郷・熊本に暮らしの場を移した吉本由美さんと、熊本市内で書店&雑…

    本がひらく
    2週間前

    あの名店をしのんで――料理と食を通して日常を考察するエッセイ「とりあえずお湯わか…

    『ランチのアッコちゃん』『BUTTER』『マジカルグランマ』など、数々のヒット作でおなじみの小…

    本がひらく
    3週間前

    永井路子と杉本苑子、二大作家の視点が一致した「蘇我系女帝説」とは?――周防柳「小…

    「邪馬台国はどこか?」に代表されるように、日本の古代史はいまだ解明されない謎ばかり。その…

    本がひらく
    3週間前

    NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で仏教美術考証を務める塩澤寬樹さんの連載『運慶の風…

     運慶仏に代表される鎌倉彫刻は、明治以来、その表現上の特徴として「写実性」が謳われてきて…

    本がひらく
    4週間前

    現実世界に無理がある……。「昔も今も納得いかないこと」――お題を通して“壇蜜的こ…

    タレント、女優、エッセイストなど多彩な活躍を続ける壇蜜さん。ふだんラジオのパーソナリティ…

    本がひらく
    1か月前

    ついに最終章へ突入! 真のカリスマは天武ではなく持統だった?――周防柳「小説で読…

    「邪馬台国はどこか?」に代表されるように、日本の古代史はいまだ解明されない謎ばかり。その…

    本がひらく
    1か月前

    主演・小栗旬(北条義時役)×山本耕史(三浦義村役)対談――『大河ドラマ・ガイド …

     2022年放送の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」、その主人公は、平安時代末期から鎌倉時代に生きた…

    本がひらく
    1か月前

    「宗教がこんなにも豊かで開かれたものであることを知ってほしい」――悩み苦しむ現代…

     古今東西の宗教における「知識」と「知恵」をわかりやすく伝えるシリーズ、「宗教のきほん」…

    本がひらく
    1か月前

    医療者たちの闘病、余命宣告、そして理想の最期――「マイナーノートで」#19〔医療者…

    各方面で活躍する社会学者の上野千鶴子さんが、「考えたこと」だけでなく、「感じたこと」も綴…

    本がひらく
    1か月前

    「死」で人生は終わる。「つながり」は終わらない――老人と若者、ふたりだけの火曜日…

     世界的ベストセラー『モリ―先生との火曜日』が刊行25周年を迎えます。世界51の国と地域で1,…

    本がひらく
    1か月前

    あの感動の儀式がじつは……。「多くが経験していると思ったのに、一部しかしていなか…

    タレント、女優、エッセイストなど多彩な活躍を続ける壇蜜さん。ふだんラジオのパーソナリティ…

    訃報から3年、医師・中村哲さんが遺した唯一の自伝『天、共に在り』より、用水路の全…

     アフガニスタンに1600本もの井戸を掘り、25キロメートルにおよぶ用水路を拓いた日本人がいた…

    脳は「深遠な展望台」、尿は「太古の海」──世界を旅する現役医師が語る人体の驚異と…

     血液は「体内を流れる川」であり、心臓は流れが滞らないよう指揮をとる。  脳は「自分だけ…

    「いずれわたしも」と思いながら、想定外だった――「マイナーノートで」#20〔転倒事…

    各方面で活躍する社会学者の上野千鶴子さんが、「考えたこと」だけでなく、「感じたこと」も綴…

    本がひらく
    13日前

    現代思想は死んでません!――『試験に出る現代思想』刊行記念、斎藤哲也自作自演イン…

    大学入学共通テスト(以前のセンター試験)「倫理」には、哲学・思想の重要なポイントが毎回出…

    本がひらく
    13日前

    最終回! “最後の女帝”称徳天皇と弓削道鏡、その本当の関係とは?――周防柳「小説…

    「邪馬台国はどこか?」に代表されるように、日本の古代史はいまだ解明されない謎ばかり。その…

    本がひらく
    2週間前

    帰省するひと、それを迎えるひと。同じ記憶を携えて――「熊本かわりばんこ」#20〔あ…

     長年過ごした東京を離れ故郷・熊本に暮らしの場を移した吉本由美さんと、熊本市内で書店&雑…

    本がひらく
    2週間前

    あの名店をしのんで――料理と食を通して日常を考察するエッセイ「とりあえずお湯わか…

    『ランチのアッコちゃん』『BUTTER』『マジカルグランマ』など、数々のヒット作でおなじみの小…

    本がひらく
    3週間前

    永井路子と杉本苑子、二大作家の視点が一致した「蘇我系女帝説」とは?――周防柳「小…

    「邪馬台国はどこか?」に代表されるように、日本の古代史はいまだ解明されない謎ばかり。その…

    本がひらく
    3週間前

    NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で仏教美術考証を務める塩澤寬樹さんの連載『運慶の風…

     運慶仏に代表される鎌倉彫刻は、明治以来、その表現上の特徴として「写実性」が謳われてきて…

    本がひらく
    4週間前

    現実世界に無理がある……。「昔も今も納得いかないこと」――お題を通して“壇蜜的こ…

    タレント、女優、エッセイストなど多彩な活躍を続ける壇蜜さん。ふだんラジオのパーソナリティ…

    本がひらく
    1か月前

    ついに最終章へ突入! 真のカリスマは天武ではなく持統だった?――周防柳「小説で読…

    「邪馬台国はどこか?」に代表されるように、日本の古代史はいまだ解明されない謎ばかり。その…

    本がひらく
    1か月前

    主演・小栗旬(北条義時役)×山本耕史(三浦義村役)対談――『大河ドラマ・ガイド …

     2022年放送の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」、その主人公は、平安時代末期から鎌倉時代に生きた…

    本がひらく
    1か月前

    「宗教がこんなにも豊かで開かれたものであることを知ってほしい」――悩み苦しむ現代…

     古今東西の宗教における「知識」と「知恵」をわかりやすく伝えるシリーズ、「宗教のきほん」…

    本がひらく
    1か月前

    医療者たちの闘病、余命宣告、そして理想の最期――「マイナーノートで」#19〔医療者…

    各方面で活躍する社会学者の上野千鶴子さんが、「考えたこと」だけでなく、「感じたこと」も綴…

    本がひらく
    1か月前

    「死」で人生は終わる。「つながり」は終わらない――老人と若者、ふたりだけの火曜日…

     世界的ベストセラー『モリ―先生との火曜日』が刊行25周年を迎えます。世界51の国と地域で1,…

    本がひらく
    1か月前