教養・ノンフィクション

140

戸田山和久『思考の教室──じょうずに考えるレッスン』 ―—さあ、答え合わせをして…

 練習問題1~5の解答と解説を見ていきましょう。  ※練習問題1~5はこちらです。 問題1 ツ…

中野京子「異形のものたち――絵画のなかの怪を読む 《ただならぬ気配①――廃墟・牢…

 画家のイマジネーションの飛翔から生まれ、鑑賞者に長く熱く支持されてきた、名画の中の「異…

戸田山和久『思考の教室──じょうずに考えるレッスン』——『思考の教室』に目を通し…

『思考の教室』の読者のみなさん。拙著を読んでいただいて、ありがとうございます。初めて会う…

生まれた性にくつろげる人は、本当にいるだろうか?――赤坂真理『愛と性と存在のはな…

 11月10日に、『愛と性と存在のはなし』という本を刊行した。長いあいだ持ってきた違和感や、…

大澤真幸 連載「真に新しい〈始まり〉のために──コロナ時代の連帯──」第6回(最…

 コロナ禍のもと、身体的接触がタブーとなるなか孤立した人々の間には亀裂が生じ、社会の分断…

「コロナ禍では独裁がメリット?」「SNSが民主主義の限界を暴く?」2500年規模の世界…

 世界から独裁者が消えないのはなぜか? テクノロジーの進化が可能にする「デジタル独裁」に…

少年の筆が色を失った世界に光を取り戻していく――ファンタジーの名手・刀根里衣さん…

 ちっぽけな自分にも、何かできることはないだろうか――。筆とパレットを手にした絵描きの少…

ノーベル化学賞2020受賞の新技術「CRISPR-Cas9」――NHK科学・文化部デスクにゲノム編…

 2020年10月7日、日本時間午後7時、スウェーデン・ストックホルムの王立科学アカデミーが、ノ…

大澤真幸 連載「真に新しい〈始まり〉のために──コロナ時代の連帯──」第5回 人…

 コロナ禍のもと、身体的接触がタブーとなるなか孤立した人々の間には亀裂が生じ、社会の分断…

「NHK出版新書を探せ!」第9回 リベラルはエリート主義を脱せるか?――三牧聖子さん…

 突然ですが、新書と言えばどのレーベルが真っ先に思い浮かびますか? 老舗の新書レーベルに…