小説・エッセイ

25
記事

エッセイ「空想居酒屋」第11回 〔鰻〕 島田雅彦

私の幼少期の偏食については『君が異端だった頃』という私小説にありのままを書いた。当時と較...

エッセイ「日比谷で本を売っている。」第2回 〔スポーツクラブと百獣の王〕 新井見...

日比谷で働く書店員のリアルな日常、日比谷の情景、そして、本の話。  職場のある商業施設「...

阿部智里(「八咫烏シリーズ」『発現』)最新掌編小説 『秘密のお客さま』

累計130万部を突破中の大人気和風ファンタジー小説「八咫烏シリーズ」の著者が贈る、温かで、...

エッセイ「空想居酒屋」第10回 〔健康度外視珍味偏愛〕 島田雅彦

体に悪いものは美味で、健康にいいものは味気ない。  などと嘯いているあいだに、健康診断の...

長編ミステリー小説「境界線」 第6回 中山七里

鬼河内珠美と真希竜弥が身元を入手した経路を追っていた笘篠と蓮田は、〝名簿屋〟を裏稼業とし...

エッセイ「空想居酒屋」第9回 〔魅惑の寿司屋台〕 島田雅彦

コスパ重視のはしご酒が長期的ブームになっているのは、経済停滞の明白な証ではあるのだが、ど...

エッセイ「日比谷で本を売っている。」第1回 〔土の香りとレトルトのパスタソース〕...

日比谷で働く書店員のリアルな日常、日比谷の情景、そして、本の話。  私は都内でひとり暮ら...

『クジラアタマの王様』ファン代表・上白石萌音さんが聞く「教えて!  伊坂さんのあ...

伊坂幸太郎(作家)×上白石萌音(女優) 大の“伊坂ファン”として知られる女優の上白石萌音...

3年ぶりのオリジナル絵本刊行!作品に込めた思いとは 荒井良二(絵本作家)インタビュ...

3年ぶりとなるオリジナル絵本『きょうのぼくはどこまでだってはしれるよ』を刊行した世界的な...

長編ミステリー小説 「境界線」第5回 中山七里

天野明彦を騙っていた男は、日頃から指に接着剤を塗布し、指紋が自宅などに残ることを徹底して...