小説・エッセイ

113
子のない女の人生――「マイナーノートで ♯05〔不産ハラスメント〕上野千鶴子」

子のない女の人生――「マイナーノートで ♯05〔不産ハラスメント〕上野千鶴子」

各方面で活躍する社会学者の上野千鶴子さんが、「考えたこと」だけでなく、「感じたこと」も綴る連載随筆。精緻な言葉選びと襞のある心象が織りなす文章は、あなたの内面を静かに波立たせます。 ※#01から読む方はこちらです。 不産ハラスメント 「産後うつ」ということばがあるのだから、「未産うつ」だってあるでしょう、と若い女性が訴えていると聞いた。出産適齢期の女性が子どもを産まないと、「子どもはいつ?」「まだ産まないの?」「妊活ならいいお医者さまを紹介してあげようか?」と周囲がいちいち

スキ
50
幸せそうで、なにが悪い――料理と食を通して日常を考察するエッセイ「とりあえずお湯わかせ」柚木麻子

幸せそうで、なにが悪い――料理と食を通して日常を考察するエッセイ「とりあえずお湯わかせ」柚木麻子

『ランチのアッコちゃん』『BUTTER』『マジカルグランマ』など、数々のヒット作でおなじみの小説家、柚木麻子さん。今月は、電車の中で起きた痛ましい事件と、「幸せそうな女性」について、社会に思うことを書いていただきました。 ※当記事は連載の第5回です。最初から読む方はこちらです。 #5 幸せそうな女性 「幸せそうな女性を殺したかった」という理由で男性が女性を狙って刺した。ニュースを見て、事件の被害者や居合わせた人々に思いを馳せ、胸を痛めると同時に苦しい記憶を蘇らせた女性は多

スキ
1,315
“アメリカを代表するリベラル派女性最高裁判事”ルース・ベイダー・ギンズバーグ――連載「アメリカ、その心の生まれるところ~変革の言葉たち」新元良一

“アメリカを代表するリベラル派女性最高裁判事”ルース・ベイダー・ギンズバーグ――連載「アメリカ、その心の生まれるところ~変革の言葉たち」新元良一

 自由・平等・フロンティアを旗印に、世界のリーダーとして君臨してきたアメリカ。様々な社会問題に揺れるこの国の根底には何があるのか? 建国から約230年。そこに培われた真のアメリカ精神を各分野の文化人の言葉の中に探ります。  第3回は、アメリカ最高裁史上2人目の女性判事として27年間務め、現役のまま亡くなった弱者の強き擁護者、ルース・ベイダー・ギンズバーグ(1933-2020)です。  ※第1回から読む方はこちらです。 第3回「大事なもののために闘えばいい。ただし、ほかの人の

スキ
31
蜘蛛と雲~安らぎをもたらす美しさ――「熊本 かわりばんこ #05〔熊本の暑い夏〕」吉本由美
+5

蜘蛛と雲~安らぎをもたらす美しさ――「熊本 かわりばんこ #05〔熊本の暑い夏〕」吉本由美

 長年過ごした東京を離れ故郷・熊本に暮らしの場を移した吉本由美さんと、熊本市内で書店&雑貨カフェを営む田尻久子さん。  本と映画、そして猫が大好きなふたりが、熊本暮らしの手ざわりを「かわりばんこ」に綴ります。 ※#01から読む方はこちらです。 この夏いちばんのできごと  日頃はのっぺりとした私の壁掛けカレンダーも7月はわずかだけれど書き込みが増える。通常は、自分の誕生日、ついで庭猫一家の登場記念日、さらにかつて愛したノラ猫ミケヤマが命を落とした日、福岡で独り在宅介護のもとに

スキ
25
日比谷の書店員のリアルな日常、街の情景、本の話――〔蛙と進化〕 新井見枝香

日比谷の書店員のリアルな日常、街の情景、本の話――〔蛙と進化〕 新井見枝香

※当記事はエッセイ連載「日比谷で本を売っている。」の第19回です。第1回から読む方はこちらです。  手帳に旅行の予定を書き込んだが、なんだか妙である。 「取鳥旅行」  それくらい、馴染みのない土地だった。  新幹線を姫路で降りて、特急で鳥取県内の某駅に着くと、知人が車で迎えに来ていた。梅雨時で空が重く、今にも降り出しそうだ。駅前を離れ川沿いを進むと、雲を被った山の合間に田んぼが広がり、ぽつぽつと数軒の家が並ぶ。知人の家の前で車を降りると、足下で何かが跳ねた。「モグラ叩き」が

スキ
28