小説・エッセイ

56

エッセイ「空想居酒屋」第11回 〔鰻〕 島田雅彦

私の幼少期の偏食については『君が異端だった頃』という私小説にありのままを書いた。当時と較…

エッセイ「日比谷で本を売っている。」第2回 〔スポーツクラブと百獣の王〕 新井見…

日比谷で働く書店員のリアルな日常、日比谷の情景、そして、本の話。  職場のある商業施設「…

阿部智里(「八咫烏シリーズ」『発現』)最新掌編小説 『秘密のお客さま』

累計130万部を突破中の大人気和風ファンタジー小説「八咫烏シリーズ」の著者が贈る、温かで、…