見出し画像

長編伝奇小説 「太陽の末裔」第2回 恩田 陸

マヤ暦で世界が終わるとされていた2012年12月21日、東京で変死体が見つかる。その出来事は、南米の古代巨石文明に秘められた謎の技術に繋がる序章にすぎなかった。世界は本当に終わっていなかったのか? 恩田陸が6年の構想を経て描く、長編伝奇小説。

太陽の末裔 第2回

連載第3回へ進む

連載第1回へ戻る

プロフィール

恩田陸(おんだ・りく)
1964年、宮城県生まれ。91年、第3回日本ファンタジーノベル大賞の最終候補作となった『六番目の小夜子』でデビュー。2005年、『夜のピクニック』で第26回吉川英治文学新人賞と第2回本屋大賞を受賞。06年、『ユージニア』で第59回日本推理作家協会賞長編及び連作短編集部門を受賞、07年、『中庭の出来事』で第20回山本周五郎賞を受賞、17年、『蜜蜂と遠雷』で第156回直木三十五賞および第14回本屋大賞をダブル受賞。最新作『歩道橋シネマ』ほか著書多数。

ありがとうございます! さらに楽しい記事をお届けできるよう頑張ります!
3
NHK出版の書籍編集部が、多彩な執筆陣による連載小説・エッセイ、教養・ノンフィクション読み物や、朝ドラ・大河ドラマの出演者や著者インタビューなどをお届けします。新刊情報も随時更新。ときどき編集部裏話も!

こちらでもピックアップされています

連載
連載
  • 92本

ミステリー小説や食エッセイから、小中学生向けの教養読み物まで、さまざまな興味・関心を刺激する作品をラインナップ。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。