小説・エッセイ

56

エッセイ「空想居酒屋」 〔闇市メニュー〕島田雅彦

感動の美酒に、死ぬまでにもう一度食べたい逸品の肴……。島田雅彦さんが体験してきた酒場天国…

見えぬ接点と深まる謎……事件は最終局面へ――情報化社会の闇を描いた長編ミステリー…

たび重なる詐欺により宮城刑務所に収容されていた五代良則は、懲りることなく、出所後のさらな…

エッセイ「日比谷で本を売っている。」 〔ナマケモノと私〕新井見枝香

日比谷で働く書店員のリアルな日常、日比谷の情景、そして、本の話(第6回)。※最初から読む…

戦争、幻影、罪、トラウマ……作家・阿部智里(「八咫烏シリーズ」)が挑んだ長編小説…

シリーズ累計130万部を超える人気ファンタジー小説「八咫烏シリーズ」著者・阿部智里さん。満…