連載

51
記事

「愛と性と存在のはなし」第7回 〔最も深い苦悩を語るということ〕 赤坂真理

※連載第1回から読む方はこちら  「あなたの秘密を書いてください」  そう言われたら、あなたは何を書くだろうか。  正直になれるだろうか? 目の...

エッセイ「空想居酒屋」 〔コロナの時代の食〕 島田雅彦

感動の美酒に、死ぬまでにもう一度食べたい逸品の肴……。島田雅彦さんが体験してきた酒場天国の数々をコトバで再現し、「こんな酒場で飲みたい」という...

身元が騙られた遺体の謎。情報化社会の闇を描いた長編ミステリー小説――「境界線」中山...

鬼河内珠美が住んでいたアパートを突き止めた笘篠たちは、そこで「東日本大震災被災者キズナ会」のパンフレットを見つける。一方で、官公庁からの個人情...

エッセイ「日比谷で本を売っている。」 〔「#ジブン追い越す」と〇〇嫌い〕新井見枝香

日比谷で働く書店員のリアルな日常、日比谷の情景、そして、本の話(第3回)。 ※最初から読む方はこちらです。  「オイコス」というヨーグルトをご...

「思考入門 “よく考える” ための教室」第9回(最終回) 〔ガクモンのススメ・ヌーボ...

みなさんお楽しみの「思考入門」、いよいよ大団円をむかえます。つまりは今回が最終回ってことで、戸田山さん気合入ってますよ~。生まれながらの「アホ...

「愛と性と存在のはなし」第6回 〔愛と欲望の痛みと傷〕 赤坂真理

※連載第1回から読む方はこちら すべてが性愛になる  前回、フレディ・マーキュリーとクイーンを描いた映画『ボヘミアン・ラプソディ』のことを書い...

エッセイ「空想居酒屋」第11回 〔鰻〕 島田雅彦

私の幼少期の偏食については『君が異端だった頃』という私小説にありのままを書いた。当時と較べると、私の食事のバリエーションは爆発的に多様になり、...

エッセイ「日比谷で本を売っている。」第2回 〔スポーツクラブと百獣の王〕 新井見枝...

日比谷で働く書店員のリアルな日常、日比谷の情景、そして、本の話。  職場のある商業施設「日比谷シャンテ」は、地下2階で地下鉄の日比谷駅に直結し...

池谷裕二+ヨシタケシンスケのそのモヤモヤ、かいけつします 第7回(最終回)

質問する人 東京学芸大学附属竹早小学校3年~6年生のみなさん 答える人 池谷裕二 薬学博士。東京大学・大学院薬学系研究科・教授。48歳、しし座。好き...

池谷裕二+ヨシタケシンスケのそのモヤモヤ、かいけつします 第6回

質問する人 東京学芸大学附属竹早小学校3年~6年生のみなさん 答える人 池谷裕二 薬学博士。東京大学・大学院薬学系研究科・教授。48歳、しし座。好き...