連載

102

中野京子「異形のものたち――絵画のなかの怪を読む 《人間以外のものとの合体(1)》…

生ぬるい日常を揺さぶり、鈍麻した意識を覚醒させ、それまで気づかなかった新たな美、新たな視点を知らしめることも芸術表現の一つだ。そのため創り手は…

エッセイ「空想居酒屋」 〔コロナの時代の食〕 島田雅彦

感動の美酒に、死ぬまでにもう一度食べたい逸品の肴……。島田雅彦さんが体験してきた酒場天国の数々をコトバで再現し、「こんな酒場で飲みたい」という…

身元が騙られた遺体の謎。情報化社会の闇を描いた長編ミステリー小説――「境界線」中山…

鬼河内珠美が住んでいたアパートを突き止めた笘篠たちは、そこで「東日本大震災被災者キズナ会」のパンフレットを見つける。一方で、官公庁からの個人情…

エッセイ「日比谷で本を売っている。」 〔「#ジブン追い越す」と〇〇嫌い〕新井見枝香

日比谷で働く書店員のリアルな日常、日比谷の情景、そして、本の話(第3回)。 ※最初から読む方はこちらです。  「オイコス」というヨーグルトをご…

「思考入門 “よく考える” ための教室」第9回(最終回) 〔ガクモンのススメ・ヌーボ…

みなさんお楽しみの「思考入門」、いよいよ大団円をむかえます。つまりは今回が最終回ってことで、戸田山さん気合入ってますよ~。生まれながらの「アホ…