「ロシア」「ウクライナ」に関係する内容の可能性がある記事です。
極端な内容・真偽不明の情報でないかご注意ください。ひとつの情報だけで判断せずに、さまざまな媒体のさまざまな情報とあわせて総合的に判断することをおすすめします。 また、この危機に直面した人々をサポートするために、支援団体へのリンクを以下に設置します。 ※非常時のため、すべての関連記事に注意書きを一時的に表示しています。
見出し画像

「置いてみたら売れた」。今どきそんな本が?! ……あるんです、本当に。--NHKブックス「名著復刊」20タイトル

本がひらく

 本が売れないと言われてすでに四半世紀。じゃあ本がなくなるかといえば全然そんなことはないわけで、地道に売れる本はけっこうあるのです。でも、そのことが知られているとは言えませんから、この記事ではそんな本を作っている人間の立場から、その実例をお知らせします。書店に行って本を買う人が「そういうのも、いいかな」と思ってくれることが目標です。

 「置いてみたら売れた」と、広告でよく見かけるような見出しになってしまいました。でも本当のことです。NHKブックスという「シリーズ」の本、それも数年前までに出た20タイトルです。「まだまだ読者がいるはず」と思われた本を20冊選んで、この6月に一斉に復刊(増刷)ました。そのリストを全国に配って、いくつかの書店で置いてもらうと……売れたそうなのです。

 とある大都市の、しかし中心部ではなく住宅街ちかくにある書店から「NHKブックスをこれまで置いたことがなかったが、置いてみたら売れた。潜在的なお客さんがいることがわかった」という意見が寄せられました。これを読んだとき担当者は内心「よっしゃ!」と叫んだものです。……「内心にとどめておくことはない、公開すべし」との指示が出て、このサイトへ、詳しいお知らせを上げることになりました。いまどき「置いたら売れる」ってどんな本なのか? 「シリーズ」という言葉も分かりやすく説明してみます。

 まずは、20冊を並べてみます。知っている本があるでしょうか;

『日本語の特質』
『絵画を読む』
『日本人の行動パターン』
『西行の風景』
『フェルメールの世界』
『生態系を蘇らせる』
『子どもに伝えたい〈三つの力〉』
『確率的発想法』 
『戦場の精神史』
『集中講義! 日本の現代思想』
『カント 信じるための哲学』
『天孫降臨の夢』
『文明を変えた植物たち』
『道元の思想』
『団地の空間政治学』
『自民党政治の変容』
『「自由」はいかに可能か』
『未承認国家と覇権なき世界』
『納豆の起源』
『自然・人類・文明』

 知らない本ばかり……であっても何の問題ありません。だいたい本というのは、10万部ぐらい売れないと認識されないものだと思います。ここに挙げた20点はそういう部数に至っていません。(今のところ。あと少し……というものはあります)

 上のタイトルだけ見ると、面白そう! という人も、そうでない人もいることでしょう。次に著者の名前を併記してみます;

『日本語の特質』……金田一春彦
『絵画を読む』……若桑みどり
『日本人の行動パターン』……ルース・ベネディクト
『西行の風景』……桑子敏雄
『フェルメールの世界』……小林頼子
『生態系を蘇らせる』……鷲谷いづみ
『子どもに伝えたい〈三つの力〉』……齋藤 孝
『確率的発想法』……小島寛之
『戦場の精神史』……佐伯真一
『集中講義! 日本の現代思想』……仲正昌樹
『カント 信じるための哲学』……石川輝吉
『天孫降臨の夢』……大山誠一
『文明を変えた植物たち』……酒井伸雄
『道元の思想』……頼住光子
『団地の空間政治学』……原 武史
『自民党政治の変容』……中北浩爾
『「自由」はいかに可能か』……苫野一徳
『未承認国家と覇権なき世界』……廣瀬陽子
『納豆の起源』……横山 智
『自然・人類・文明』……フリードリヒ・ハイエク+今西錦司

 どうでしょうか、著者の名前なら知っているという方は少なくないかもしれません。そうです、実力派の方々が書いているのがNHKブックスというシリーズなのです。ちなみに、当社NHK出版が「日本放送出版協会」という社名だった頃から、58年間にわたって1,273冊のタイトルを刊行してきている、「選書」と呼ばれる連続的な刊行物が、シリーズ「NHKブックス」です。

 その1,273冊目は山口健介著『ミャンマー 「民主化」を問い直す』で、その次、この8月に出る1,274冊目は大澤絢子著『「修養」の日本近代』です。

 さてこの記事は、上記の20点を復刊した「名著復刊フェア」をお知らせすることを通じて、読んだ方に「この本読んでみようかな」と思っていただくことが目標でした。以上で、その目標は達成されたのではないかと思います。よろしくお願い…

 ……失礼しました、書目と著者名を並べただけじゃダメでしょ。と、中の人に指摘されたのでもう少し書かせてください。こんどは各タイトルに、通巻番号を付けてみます。No.617は1991年、No.794は1997年、No.991は2004年、No.1184は2011年、No.1224は2014年の刊行で、そこから継続して売れています。説明文を付けます;

617 『日本語の特質』……金田一春彦
  そば屋で「もりかけ」と言ったら「かけうどん」が出てきたのはなぜ?
668 『絵画を読む』……若桑みどり
  この分野を切り開いた大家による手取り足取りの本格的入門書
794 『日本人の行動パターン』……ルース・ベネディクト
  恩と義理と自己鍛練――日本文化への洞察が今なお有効
857 『西行の風景』……桑子敏雄
  「浅く見える言葉で深い意味を表す」西行の歌、その仕掛けとは?
870 『フェルメールの世界』……小林頼子
  ブームに先鞭。画家の神話を解体し名画の背景を解き明かす労作
916 『生態系を蘇らせる』……鷲谷いづみ
  今やれば間に合うことは確実にある。時代に先んじた警告の書!
928 『子どもに伝えたい〈三つの力〉』……齋藤 孝
  「生きる力」とは具体的に何のことかを明快に伝える納得の教育論
991 『確率的発想法』……小島寛之
  世界の解像度を上げ、人生のとらえ方を一変させる「欲張りな本」
998 『戦場の精神史』……佐伯真一
  「だまし討ち」上等! 武士はずるい。ようこそ、「本当の中世」へ!
1072『集中講義! 日本の現代思想』……仲正昌樹
  なぜポストモダン思想家がみんな「左」になってしまったのか?
1137『カント 信じるための哲学』……石川輝吉
   中高生向け哲学入門書が評判になった著者の、超・カント入門!
1146『天孫降臨の夢』……大山誠一
   宗教的権威として古代天皇を利用するための「壮大な作り話」とは
1183『文明を変えた植物たち』……酒井伸雄
   食卓上の作物の歴史を楽しくたどる歴史読み物。教養の王道路線
1184『道元の思想』……頼住光子
   日本思想の最高峰『正法眼蔵』から、無常とは何かを明らかにする
1195『団地の空間政治学』……原 武史
   「政治と建築」はかくも密接。魅惑的な戦後史の語りを識者も絶賛
1217『自民党政治の変容』……中北浩爾
   政治時評に欠かせなくい著者の“自民党政権三部作”の第一作
1218『「自由」はいかに可能か』……苫野一徳
   今や超人気の哲学者が「私の哲学著作の原点」とする迫力の名著
1220『未承認国家と覇権なき世界』……廣瀬陽子
   ウクライナ情勢を見事に予測。今や知らぬ人のいない著者の力作
1223『納豆の起源』……横山 智
   地理学関係トリプル受賞! 前人未到・発酵美味の目くるめく世界
1224『自然・人類・文明』……フリードリヒ・ハイエク+今西錦司
  “仲良し対談”に飽きた現代読者へ。これが本物の知性的討論だ

全20冊の書影もご覧あれ!

 担当者と出版社の願いは、「息の長い本を掘り起こしてほしい」ということに尽きます。ここに挙げた「名著復刊」20タイトルは、分量も内容も読みごたえのあるものです。腰を据えて、骨のあるものを読むと、目に映る世界は変わります。「変わってもいいかな」と思われる方は、夏の休みに、秋の夜長に――何なら年末の休みに――読む一冊へ加えるのはいかがでしょうか。もっと言えば、1991年(31年前)の本が今も読まれ続けているのですから、「積ん読」で31年後、2054年に読んでいただくのも面白いかもしれません。
 「なんか面白い本ないかな」。そう思ったときにNHKブックスをご検討ください。これからも息の長い「定番」を刊行していきます。ご注目ください。

(NHKブックス編集部・記)

※「本がひらく」公式Twitterでは更新情報などを随時発信しています。ぜひこちらもチェックしてみてください!

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
本がひらく
NHK出版の書籍編集部が、多彩な執筆陣による連載小説・エッセイ、教養・ノンフィクション読み物や、朝ドラ・大河ドラマの出演者や著者インタビューなどをお届けします。新刊情報も随時更新。ときどき編集部裏話も!