見出し画像

“いま「本がひらく」編集部が本気でオススメしたい本を5点セットで10名様にプレゼント”キャンペーン実施中――祝・5000フォロワー記念!

 ちまたでは、「NHK出版はNHKの放送テキストを刊行する会社でしょ?」「NHK出版からテキスト以外に本が出ているの?」という声を耳にすることもしばしば……。でも実は、多くのテキスト以外の本を出している会社なのです。
 そこで、「少しでもNHK出版の本を知ってほしい!」「自分たちが作った本の魅力を一人でも多くの人に伝えたい!」という思いからはじめたのが、この「本がひらく」でした。

 noteをはじめて数か月、試行錯誤の連続の日々でしたが……最近では徐々にこちらで発信できるコンテンツも増えてまいりました。何より皆さまに支えていただいたおかげで、このたび5000人もの方にフォローしていただくことができました! 本当に、本当にありがとうございます(涙)。
 そこで、これを記念しまして、感謝の気持ちを込めて、編集部が「いま本気でオススメしたい本」を5点セットにして、抽選で10名の方にプレゼントいたします。応募方法は以下のとおり、たったの1つ!

 この記事を「スキ」する

 以上です!
 応募期間は本日より2020年10月27日(火)17時59分までです。利用規約をお読みのうえ、ぜひお気軽にご応募ください! そしてそして、もしよかったらこの記事をシェアしてくださったら嬉しいです。
 続いて、プレゼントとしてセレクトした本についてそれぞれご紹介いたします。

いまオススメしたい本はこれ!

ラインナップRGB

 数ある本の中から、編集部で「どんな本がプレゼントにふさわしいか」「いま楽しんでいただける本は何か」を考え、セレクトしてみました。各セクションの担当者からの熱いレコメンド文とともにそれぞれご紹介いたします!

①『名著ではじめる哲学入門』(新書)

NHK出版新書には、哲学・思想ジャンルの本がたくさんあります。なかでも本書は忙しいビジネスパーソンにオススメ! アリストテレス『ニコマコス倫理学』、ヘーゲル『法の哲学』、ハイデガー『存在と時間』……これらを一冊読むのは骨が折れますよね。そこで、本書ではテレビやラジオでも活躍する著者が、近代の哲学の名著を「国家」「政治」「権力」「存在」などにグルーピングして、キーワード別にやさしく解説。名著のエッセンスを味わいながら、哲学の実践的素養を身につけることができる、至れり尽くせりの哲学入門書です!

(こちらの記事では冒頭の章「哲学とは何か」の一部を試し読みいただけます)

②『すごいぞ!進化――はじめて学ぶ生命の旅』(児童書)

「魚は、どうやって魚のかたちになったの?」「キリンの首は、なぜ長い?」。ワクワクする進化の秘密を通して、いきものの成り立ちや歴史について楽しく学べる科学絵本です。恐竜、化石、絶滅、遺伝子などトピックも満載。微生物からほにゅう類まで、何世紀もかけて魅力的な特徴を手に入れた「すごい」進化のさまざまな例も紹介しています。科学や恐竜好きな子どもにも、科学嫌いだけど一緒に学びたい大人にもおすすめです。素敵なデザインで「映える絵本」としても人気!

進化絵本_本文画像アタリ見開最終 10

(イメージはサンプルです。実際の本の色調とは異なります)

(日本語版監修者の郡司芽久さんと翻訳者の鹿田昌美さんの刊行記念対談談はこちら)

③『脳を鍛えるには運動しかない!――最新科学でわかった脳細胞の増やし方』(翻訳書)

「成績が上がる」「ストレスやうつを抑えられる」「癌にかかりにくくなる」――。ハーバード大学医学部臨床精神医学准教授で開業医としても活躍する著者が、運動の驚くべき効能を実証的に解き明かした本書は、2009年の日本語版発売以来「生き方を変える一冊」として熱い支持を受け、今年ついに累計10万部を突破。「一日中家に縛られてストレス」「コロナ禍のテレワークで運動不足」なあなた。「運動したくなるには、この本を読むしかない!」。

脳を鍛える帯_表1+

脳を鍛える帯_表4ソデあり+

(刊行後10年以上経ちながらも増刷を重ね、現在は38刷累計11万部を突破!)

④『壺の中にはなにもない』(文芸書)

過去5回の芥川賞ノミネートの鬼才・戌井昭人さんの約3年ぶりの新作は、戌井節全開の疾走感あふれる長篇大衆小説。のんびり猫を愛でて過ごす日常を好むマイペースで風変りな勝田繁太郎(26歳)と、彼に陶芸の才覚を見出してあとを継がせたい高名な陶芸家の祖父、そして風変りな繁太郎を好ましく思うマッサージ師を目指すホステス。彼らを軸にうねるように進む物語は、世のおかしみや不条理にくすっと笑い、人の優しさや愛情にじんわり温かくなります。10月28日発売の最旬の一冊です!

帯_20200923A

帯_20200923B

(帯にはさまざまな方から個性豊かなコメントが!?)

⑤『[現代語訳]ベスト・オブ・渋沢栄一』(ドラマ関連書)

2021年のNHK大河ドラマ「青天を衝(つ)け」の主役は渋沢栄一。新1万円札の顔としても注目されている彼は、農家の家業を手伝いながら学問に励み、多くの挫折を経たのちに企業約500社の創設に携わるなど、「日本資本主義の父」と呼ばれています。大河で主演を務めるのは、多数のドラマや映画に出演する吉沢亮さん(ドラマのガイドブックも鋭意編集中ですので、こちらも楽しみに!)。現代語に訳された渋沢本人の言葉を知れば、ドラマの背景やセリフがさらに心に響く! 読んでおきたいベスト本です。

(順調に撮影が進む大河ドラマ「青天を衝け」の記者会見の様子――NHKサイトより)

当選結果と発送について

 厳正な抽選のうえ、当選された方にはnoteのお問合せフォーム(下の画像にあります「クリエイターへのお問合せ」)を通じて事務局よりご連絡を差し上げます。

お問い合わせフォーム

 たくさんの方からのご応募を心よりお待ちしております。これからも「NHK出版 本がひらく」をどうぞ宜しくお願いいたします!

《利用規約はこちら》

※「本がひらく」公式Twitterでは更新情報などを随時発信中です。ぜひこちらもチェックしてみてください!

多謝! 励みになります。涙
67
NHK出版の書籍編集部が、多彩な執筆陣による連載小説・エッセイ、教養・ノンフィクション読み物や、朝ドラ・大河ドラマの出演者や著者インタビューなどをお届けします。新刊情報も随時更新。ときどき編集部裏話も!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。