佐藤健・神⽊隆之介――数々の出会いから⾒えてくる、宮城・東北 のいま。
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

佐藤健・神⽊隆之介――数々の出会いから⾒えてくる、宮城・東北 のいま。

本がひらく

俳優の佐藤健さんと神⽊隆之介さんが、宮城の伝統芸能や産業、⽂化、⾷などの魅⼒にふれ、現地の⼈々との対話から未来に思いを馳せるように編み上げた『みやぎから、』が、本日3⽉4⽇に発売となります。おふたりはどのような眼差しで宮城を訪ね、本に思いを込めたのか? 発売に先駆けて本書の概要をご紹介します。
※『みやぎから、』の情報満載の特設ページはこちらです。

佐藤健と神⽊隆之介が宮城県内各地を訪ね歩く

 宮城県内各地の新旧さまざまな魅⼒に触れながら、その⼟地に根差す⼈々との数々の出会いや対話を通して、伝統芸能や⾵習の継承、産業や⽂化の創造、そして震災の記憶の伝承など、これからの私たちの暮らしのあり⽅を佐藤健さんと神⽊隆之介さんが真摯に向き合い模索している本書。旅の道中で⼆⼈が⾒せた、ありのままの表情をとらえた貴重な写真が満載なビジュアル対話集となっています。

松島-塩竃

フェリーで松島の島々を眺めながら塩竈へ

七夕飾り

「仙台七⼣まつり」に⽋かせない七⼣飾りと佐藤さん(鳴海屋紙商事株式会社)

くり電

廃線となった「くりはら⽥園鉄道」の実⾞両を運転する神⽊さん(くりでんミュージアム)

佐藤健さんと神木隆之介さんの思い

 本書の刊行に際して、佐藤さんと神木さんが以下のように思いを寄せてくれました。

 2021年夏、⽬に⾒えないウイルスを前になんとか新しい⽣活スタイルを⾒出そうともがく⽇々。予測できない未来に不安を覚えながら思いを馳せたのは、10年前に⼤きな被害を受けた東北のみなさんのことでした。あまりにも巨⼤な⾃然の猛威を前にくじけず前を向き、少しずつ歩みを進めた東北の⽅々の姿に今、僕たちが学ぶべきことがあるんじゃないかと感じています。
 2011年、僕たちに何かできることがあるだろうかと向かった気仙沼、⽯巻、松島……。⾔葉では表しきれない多くの思いを抱きながらボランティアをさせてもらったあのときから10年。当時とはまた違った思いを胸に、僕たちは再び宮城を訪ねました。そうして旅を終えた今、僕たちがハッキリと思うこと。それは、10年というタイミングは区切りじゃなくてはじまりだということ。忘れてはいけない記憶に触れ、多くの気づきを得た今回の旅は、僕たちにとって何か新しい旅のはじまりのような気がしています。
 ぜひこの⼀冊をもって、その気持ちを共有できたらと願っています。知ることからはじまる新しい旅へ。まずは宮城から、
――佐藤 健 / 神⽊隆之介

 他にもさまざまな人や場所と出会い、体験をしてきた佐藤さんと神⽊さん。訪ねた先々の情報も収載した本書を携えて、みなさんもおふたりの⾜跡を辿りながら、知ることから始まる「新たな旅」に出てみませんか?

《⽬次》
第1章 「それぞれの記憶」――せんだい3.11メモリアル交流館
第2章 「祈りを込めて」――鳴海屋紙商事株式会社/⾏⼭流⽔⼾辺⿅⼦躍
第3章 「⼟地の⼒を感じる」――すみやのくらし/化⽯発掘体験
第4章 「つくり続ける意志」――佐野美⾥/本郷だるま屋
第5章 「ミュージアムの使命」――⽯ノ森萬画館/くりでんミュージアム
第6章 「海を知る⽔産を知る」――フィッシャーマン・ジャパン/鶴⻲の湯・鶴⻲⾷堂
ほか

出版記念写真展「みやぎから、、」開催

 『みやぎから、』の取材で撮り下ろした佐藤健さんと神⽊隆之介さんの数々の写真から、書籍掲載・未掲載を問わず厳選した写真を展⽰。来場された⽅々にも旅の道中の佐藤さん・神⽊さんが⾒たもの、感じたことを共有していただけるよう、おふたり⾃ら現地でそれぞれ撮影した写真や、「佐藤健さんが制作した七⼣飾り」「神⽊隆之介さんが発掘した化⽯」など、取材の中で得てきたゆかりの品々などもさまざまに展⽰し、会場の空間全体を「旅の体験」としてお楽しみいただけます。
 会場では通常版とは異なる写真展会場オリジナルカバー&カード型しおり付きの書籍『みやぎから、』を販売。さらに、佐藤さん・神⽊さんの意匠をこらしたコラボ⼯芸品のほか、東北6県それぞれの⼯芸品の販売や、オリジナルグッズの販売なども予定しています。
 なお、書籍および写真展の収益の⼀部は、東⽇本⼤震災の復興⽀援のために寄付されます。

会場限定書影

写真展会場限定販売『みやぎから、』書影

【会期/場所】
3⽉4⽇〜3⽉21⽇/仙台PARCO本館6階
「PARCO SPACE 6」
3⽉25⽇〜4⽉10⽇/渋⾕PARCO4階
「PARCO MUSEUM TOKYO」
その後各地巡回予定

※感染症拡⼤予防の観点から営業時間の変更および休業となる場合がございます。
※混雑時は⼊場をお待ちいただく場合があります。
※新型コロナウイルス感染防⽌ガイドラインを遵守の上の実施となりますが、⾃治体の要請、地域の感染状況によって営
業時間の変更および休業となる場合がございます。

プロフィール
佐藤 健(さとう・たける)

1989年埼玉県生まれ。TBS『ドラマROOKIES』、NHK大河ドラマ『龍馬伝』、TBSドラマ『天皇の料理番』、NHK連続テレビ小説『半分、青い。』、TBSドラマ『恋はつづくよどこまでも』や、映画『8年越しの花嫁 奇跡の実話』『るろうに剣心』シリーズ、『護られなかった者たちへ』など多数の作品に出演。22年にはNetflix『FirstLove 初恋』が配信予定。

神木隆之介(かみき・りゅうのすけ)
1993年埼玉県生まれ。2歳でCMデビュー。以後、映画『桐島、部活やめるってよ』『バクマン。』『3月のライオン』『フォルトゥナの瞳』、『君の名は。』(声の出演)、ドラマ『SPECシリーズ』『いだてん~東京オリムピック噺~』『コントが始まる』など、多数の作品に出演。2022年には、WOWOWオリジナルドラマ『神木隆之介の撮休』、TBSドラマ『妻、小学生になる。』に出演のほか、映画『ノイズ』、『ホリック xxxHOLiC』(4月29日公開予定)、『GHOSTBOOK おばけずかん』(7月22日公開予定)がある。2023年度前期NHK連続テレビ小説『らんまん』で主演予定。

関連コンテンツ

※「本がひらく」公式Twitterでは更新情報などを随時発信しています。ぜひこちらもチェックしてみてください!

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
ありがとうございます! さらに楽しい記事をお届けできるよう頑張ります!
本がひらく
NHK出版の書籍編集部が、多彩な執筆陣による連載小説・エッセイ、教養・ノンフィクション読み物や、朝ドラ・大河ドラマの出演者や著者インタビューなどをお届けします。新刊情報も随時更新。ときどき編集部裏話も!