「おかえりモネ」ヒロインの妹と幼なじみたちにも要注目!インタビュー記事一部公開!
見出し画像

「おかえりモネ」ヒロインの妹と幼なじみたちにも要注目!インタビュー記事一部公開!

現在好評発売中の『NHKドラマ・ガイド 連続テレビ小説 おかえりモネ Part1』では、ヒロイン百音の妹・未知や、百音の幼なじみを演じる出演者の方々のインタビューも掲載しております。本記事では各インタビューから一部を抜粋して公開します。

永浦未知役 蒔田彩珠さん

●差し替え蒔田さん 事務所OK ★★★16_10_001

 周りから「しっかり者」と言われる未知ですが、めったに見せない弱い部分や、乙女チックなところもある普通の女子高生です。家族みんな、しっかりしていそうで、どこか抜けているから、「私がしっかりしなきゃ」と思っているのかな(笑)。最初はカキの養殖業を支えたいという責任感だったのかもしれません。でも、未知はとにかく海の仕事が好き。おじいちゃんや幼なじみのりょーちんと同じ海の仕事をしたいと強く思っています。私自身は台本を読みながら未知の恋の行方にドキドキしていますが、未知はカキの赤ちゃんを育てる研究に夢中で、恋には無頓着。お姉ちゃんだけが、気付いているんですよね(笑)

及川亮役 永瀬廉さん

永瀬廉さん B_2★12_04_036

 幼なじみが集まるシーンは温かくて楽しくて、僕もほっこりしています。みんなで早朝の海に行ったときは、気仙沼の空と海を感じることができて、本当に青春みたいだなと思いながら撮影していました。撮影の合間もみんなワイワイ仲よくて。前田航基くんのボケに僕がツッコんでみんなが笑ってくれるのが、すごくうれしいんです(笑)。
 亮たちは人とのつながりの中で前を向いて進んでいきます。ぜひ見守っていてください。

野村明日美役 恒松祐里さん

恒松祐里さん 差し替え★40_02_02A_047

 考えすぎちゃう百音と違って、明日美はよくしゃべり、よく笑うカラッとした子。幼なじみの中では盛り上げ役。話し方やテンションが自分に近いので、演じていて気持ちがいいです。明日美と百音は性格が違うけど、お互いに長所も短所も理解し合い、本音のガールズトークができる仲。心に残っているのは、百音の部屋で将来を語るシーン。ふたりのいい関係が伝わるように繊細なお芝居を心がけました。

後藤三生役 前田航基さん

前田航基さん メイン★13_02_03_022

 幼なじみチームの中では三生がいちばん明るくおもしろいヤツだと思います。みんなを楽しませようと精いっぱい盛り上げるし、悩みがあるときはとことん悩んでワーッと騒ぐ。とにかくすべてに必死なんですよね。それが容姿に表れて、金髪にしたり黒髪に戻したり、七変化するのがまたおもしろい(笑)。(中略)僕たちが立ち上がっていく姿を通して元気な朝をお届けすることができたらいいなと思っています。中でも三生はそのパワーが出せる役。パワフルなお芝居ができたらと思います。

早坂悠人役 髙田彪我さん

髙田彪我さん 15_09_09A_16_01_337

 悠人は郷土愛が強いので、僕も土地のことを知りたくて、気仙沼ロケでは空き時間にあちこち散策しました。地元の方々の笑顔が印象的で、ここで生まれたら優しい人に育つだろうなと想像できました。悠人は性格がマイペースで、そこは僕とも似ていますね。幼なじみといるときの彼は、わりとツッコミ役ですが、みんなの個性を分かっているからこそなんだと思います。(中略)ずっと念願だった朝ドラ出演。俳優としても前に進めるように、いいシーンを積み重ねていきたいです。

*   *   *

 上記のインタビューの続きは『NHKドラマ・ガイド 連続テレビ小説 おかえりモネ Part1』に掲載しております。

*「おかえりモネ」ドラマ・ガイド編集部Twitterはこちら

関連コンテンツ

※「本がひらく」公式Twitterでは更新情報などを随時発信しています。ぜひこちらもチェックしてみてください!

ありがとうございます! さらに楽しい記事をお届けできるよう頑張ります!
NHK出版の書籍編集部が、多彩な執筆陣による連載小説・エッセイ、教養・ノンフィクション読み物や、朝ドラ・大河ドラマの出演者や著者インタビューなどをお届けします。新刊情報も随時更新。ときどき編集部裏話も!