見出し画像

NHK「あさイチ」人気コーナー書籍化第3弾! 謎解きクリエイター、松丸亮吾最新刊『頭をつかう新習慣! ナゾときタイム3』

 謎解きブームの火付け役である現役東大生で謎解きクリエイターの松丸亮吾さん。監修の書籍『東大ナゾトレ』シリーズが累計150万部突破など、刊行される書籍も次々とベストセラーとなっています。6月25日発売の『頭をつかう新習慣! ナゾときタイム3』は、松丸亮吾さんと、NHK「あさイチ」で出題された謎解きをまとめたシリーズ第3弾。番組で出題された問題のほか、書籍オリジナル問題を多数追加した大ボリュームの62問。「謎解きの作り方」や購入者特典の「松丸くんのオフショット動画」も特別収録!

自然に考える力が身につく62問!

 謎解きをすると、脳が目覚める感覚を味わえます。じっくり考える問題が多いので、頭のトレーニングをしている実感も得られるでしょう。
 勉強や新しいことに取り組むまえなど、集中モードに切り替えたいときにも謎解きはおすすめです。謎解きは知識ではなくひらめきで問題を解くため、アイデアワークのトレーニングにも適しています。本に収録しているのは、子どもでも大人でも解ける問題ばかり。謎解きで楽しく、やわらか思考の練習を始めてみませんか?

画像1

『頭をつかう新習慣! ナゾときタイム3』より(初級問題)

 ヒントと答えは本の中に! 本の巻末には、どの段階で解けたか1問ごとに達成度を確認できるチェックシートがついています。最後まで解けなかったら「残念!」にチェックして、どこが難しかったか考えてみるのがトレーニングのコツです。

「頭のエクササイズ」を一部リニューアル

 すべての解答のあとに「頭のエクササイズ」がついているのも、このシリーズの大きな特徴です。31問すべてが書籍オリジナル! さらに、本書より新しいエクササイズも加わりました。文字の並べ替え、イラスト問題、計算、一筆書き……と内容も盛りだくさん。「論理的に組み立てる力」「ねばり強く取り組む力」といった問題解決能力をきたえるエクササイズになっていますので、ぜひ挑戦してみてください。
 本書には「謎解き×脳トレ 頭のエクササイズ対談」も収録。エクササイズの魅力や活用法について松丸くんと制作者が語りつくします!

画像2

『頭をつかう新習慣! ナゾときタイム3』より(「頭のエクササイズ」イラストワード)

謎解きクリエイターの視点から問題を解説

 謎解きクリエイターの視点から原案から完成まで問題作りのコツをステップごとに解説した「松丸くんに聞く! 謎解きの作り方」などインタビューも充実。
 問題を作る過程を知ると、謎解きの楽しさもアップします。入門者でも気軽に挑戦できるポイントを学んで、問題づくりの面白さをぜひ味わってください。問題のこだわりポイントも見えてきます!

画像3

『頭をつかう新習慣! ナゾときタイム3』より(「松丸くんに聞く! 謎解きの作り方」)

 このシリーズでは、「毎日、謎解きをする」という新しい習慣を提案しています。頭をやわらかくして考えることで新しい発想につながり、それは勉強にも仕事にも、あるいは何か集中して取り組みたいことにも活かせるでしょう。ひらめきだけで楽しさや達成感を味わえるのが謎解きのすごさ。みなさんも、自分にぴったりの「ナゾときタイム」を見つけてください!

プロフィール
松丸亮吾(まつまる・りょうご)

東京大学に入学後、謎解き制作サークルの代表をつとめ、さまざまな分野で一大ブームを巻き起こしている「謎解き」の仕掛け人。監修の書籍『東大ナゾトレ』シリーズは累計150万部以上に。現在は「考えることの楽しさをすべての人に伝える」を目標に東大発の謎解きクリエイター集団RIDDLERを立ち上げ、仲間とともにあらゆるメディアに謎解きを仕掛けている。

関連書籍

関連コンテンツ

※「本がひらく」公式Twitterでは更新情報などを随時発信しています。ぜひこちらもチェックしてみてください!

よかったら記事のシェアもお願いいたします!
NHK出版の書籍編集部が、多彩な執筆陣による連載小説・エッセイ、教養・ノンフィクション読み物や、朝ドラ・大河ドラマの出演者や著者インタビューなどをお届けします。新刊情報も随時更新。ときどき編集部裏話も!