見出し画像

連続テレビ小説「エール」主演・窪田正孝&二階堂ふみが語り合う夫婦の絆【限定撮り下ろしカットあり】

 2020年3月30日(月)からNHKで始まる連続テレビ小説「エール」は、「六甲おろし」をはじめとするスポーツの応援歌や、ラジオドラマ「君の名は」「鐘の鳴る丘」など数々のヒット歌謡曲の生みの親として知られる作曲家・古関裕而(こせきゆうじ)氏と、その妻で歌手としても活躍した金子(きんこ)氏をモデルに、夫婦の物語を描きます。
 当記事は、本日発売の『NHKドラマ・ガイド 連続テレビ小説 エール Part1』より、主演を務める窪田正孝さんと二階堂ふみさんの対談の一部をお届けするものです。当記事限定で、おふたりの貴重な撮り下ろしカットを掲載しています!

 作曲家を目指す裕一と、プロの歌手を夢見る音。ともに音楽の道を歩む中で運命的に出会い結婚するふたりは、どんな関係を育んでいくのか。本誌のグラビア撮影でも、いいコンビぶりを発揮した窪田正孝と二階堂ふみが、仲よく楽しく語り合った。

窪田 音さんは本当にしっかりしてるよね。自分の意見をはっきり言うし、いつも裕一のお尻をたたいてくれるから(笑)、つい甘えて助けられてます。
二階堂 裕一さんの繊細なところに音も励まされることがあるので、お互いにないものを補い合っているんだと思います。役の関係性とは別にして、窪田さんは俳優として私にないものを与えてくださいますし。
窪田 ありがとう。僕もふみちゃんだからこそドンといける部分があって。もう、ふたりでひとつみたいな感じがしてます。
二階堂 それはうれしいです!あ、すいません。ちょっとのど飴をいただいていいですか?(テーブルの飴に手を伸ばす)
窪田 あ、僕ももらおう(笑)。ふみちゃんどの味がいい?(飴を取ってあげて) なんかふみちゃんとは、現場で感じることが合致するときも多くて。例えばふたりでごはんを食べるシーンで、男性だからということで裕一が先に食べる演出があったんです。描かれている時代を考えれば、女性は三歩下がって男性を立てることがあったのかもしれないけれど、僕自身はそういうのがイヤだなと思うし、裕一と音だったら一緒に食べるのが自然だと思った。そしたらふみちゃんもそれに賛同してくれて。
二階堂 このふたりは、相手のことを深く思いやりながら過ごしているんです。だから裕一さんはそういう既成概念にとらわれないんでしょうね。裕一さんを演じている窪田さんのお芝居からは、ことばにせずともその思いやりが伝わってきます。
窪田 お互いへのリスペクトもあるんだよね。作曲と歌というそれぞれの表現手段が違っていても、音楽を究めたいっていう目標がはっきりしているから。ただ、裕一には音楽しかとりえがないというか、子どもっぽくてどこか頼りない。音楽の才能がなかったら、僕、音さんに捨てられてると思う(笑)。
二階堂 でもその子どもっぽいところも、音にとっては魅力的に見えてるんだと思います。それに音は裕一さんの才能に〝敵わない〟と思っているし、誰かのために曲を作る裕一さんの姿に、すごく心を動かされているんだと思いますね。
窪田 まだ世間にはあまり認められていないのに、音は裕一を信じてくれるんだよね。じゃないと、夫の仕事場に乗り込んでいったりしないから(笑)。
二階堂 裕一さんと音を見ていると、人を好きになるって、やっぱり理屈じゃないんだなと改めて思います。
窪田 そうだよね。会って3日で結婚を決めたんだもんね。その前から文通はしていたけど。
二階堂 ふたりのモデルとなった古関裕而さんと金子さんの実際の手紙も読ませていただいたんですが、こっちが赤面してしまうような熱い手紙を交わされていて。古関さんは金子さんの写真を送ってもらってから、いつもそれを胸ポケットに入れていらしたそうで、「今日は一緒に散歩に行きました」っていう手紙を送られているんです。まだ会ってないときからそうなんですから、どこが好きとかではないんだなと思います。
窪田 僕は、ご本人を知るために福島市の古関裕而記念館を訪問してきたんですけど、そこで驚いたのは、3つの机にそれぞれ五線譜を置いて、同時に3曲作ったという話。それと、誰も古関さんのことを悪く言う人がいないという話。それがいちばん驚きでした。普通は誰かひとりくらい、ぶつかる人がいると思うんですけど、古関さんは全くそういうことがなかった、仏様みたいな人だったんだなと。
二階堂 実際に古関さんは、いろんな苦労をされて仏様のようになられたんでしょうね。今の裕一さんはまだ仏には見えないですけど(笑)。

画像1

画像2

画像3

(『NHKドラマ・ガイド 連続テレビ小説 エール Part1』につづく)

取材・文=大内弓子 撮影=天日恵美子
窪田正孝さん:スタイリング=菊池陽之介 ヘア&メイク=青山佑綺子(NICOLASHKA)
二階堂ふみさん:スタイリング=松居瑠里 ヘア&メイク=足立真利子

※番組HPはこちら

プロフィール

窪田正孝(くぼた・まさたか)
1988年生まれ、神奈川県出身。主な出演作に、映画「東京喰種 トーキョーグール」シリーズ、「初恋」、ドラマ「デスノート」「ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~」など。NHKでは、連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」「花子とアン」、大河ドラマ「平清盛」などに出演。

二階堂ふみ(にかいどう・ふみ)
1994年生まれ、沖縄県出身。主な出演作に、映画「リバーズ・エッジ」「翔んで埼玉」「生理ちゃん」、ドラマ「この世界の片隅に」「ストロベリーナイト・サーガ」など。NHKでは、大河ドラマ「平清盛」「軍師官兵衛」「西郷どん」、「もしもドラマ がんこちゃんは大学生」などに出演。

※「エール」ドラマ・ガイド編集部Twitterはこちら

関連コンテンツ



多謝! 励みになります。涙
26
NHK出版の書籍編集部が、多彩な執筆陣による連載小説・エッセイ、教養・ノンフィクション読み物や、朝ドラ・大河ドラマの出演者や著者インタビューなどをお届けします。新刊情報も随時更新。ときどき編集部裏話も!

こちらでもピックアップされています

ドラマ
ドラマ
  • 15本

朝ドラ、大河ドラマ、韓国ドラマなど、NHKドラマの出演者インタビューや、関連出版物の情報をお届けします。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。