小説・エッセイ

94
長編伝奇小説 「太陽の末裔」第3回 恩田 陸

長編伝奇小説 「太陽の末裔」第3回 恩田 陸

マヤ暦で世界が終わるとされていた2012年12月21日、東京で変死体が見つかる。その出来事は、南米の古代巨石文明に秘められた謎の技術に繋がる序章にすぎなかった。世界は本当に終わっていなかったのか? 恩田陸が6年の構想を経て描く、長編伝奇小説。 太陽の末裔 第3回 連載第2回へ戻る プロフィール 恩田陸(おんだ・りく) 1964年、宮城県生まれ。91年、第3回日本ファンタジーノベル大賞の最終候補作となった『六番目の小夜子』でデビュー。2005年、『夜のピクニック

3
長編伝奇小説 「太陽の末裔」第2回 恩田 陸

長編伝奇小説 「太陽の末裔」第2回 恩田 陸

マヤ暦で世界が終わるとされていた2012年12月21日、東京で変死体が見つかる。その出来事は、南米の古代巨石文明に秘められた謎の技術に繋がる序章にすぎなかった。世界は本当に終わっていなかったのか? 恩田陸が6年の構想を経て描く、長編伝奇小説。 太陽の末裔 第2回 連載第3回へ進む 連載第1回へ戻る プロフィール 恩田陸(おんだ・りく) 1964年、宮城県生まれ。91年、第3回日本ファンタジーノベル大賞の最終候補作となった『六番目の小夜子』でデビュー。2005年、『夜

4
長編伝奇小説 「太陽の末裔」第1回 恩田 陸

長編伝奇小説 「太陽の末裔」第1回 恩田 陸

マヤ暦で世界が終わるとされていた2012年12月21日、東京で変死体が見つかる。その出来事は、南米の古代巨石文明に秘められた謎の技術に繋がる序章にすぎなかった。世界は本当に終わっていなかったのか? 恩田陸が6年の構想を経て描く、長編伝奇小説。 太陽の末裔 第1回 連載第2回へ進む プロフィール 恩田陸(おんだ・りく) 1964年、宮城県生まれ。91年、第3回日本ファンタジーノベル大賞の最終候補作となった『六番目の小夜子』でデビュー。2005年、『夜のピクニック』

8