小説・エッセイ

56

エッセイ「空想居酒屋」 〔闇市メニュー〕島田雅彦

感動の美酒に、死ぬまでにもう一度食べたい逸品の肴……。島田雅彦さんが体験してきた酒場天国…