小説・エッセイ

51

エッセイ 「空想居酒屋」第5回 〔屋台というハッピー・プレイス〕 島田雅彦

昔は治安もよく、地域住民が互いに顔見知りであることの安心もあってか、街をほっつき歩く子ど…