小説・エッセイ

60

エッセイ「空想居酒屋 〔世界の屋台に立つ〕」島田雅彦

感動の美酒に、死ぬまでにもう一度食べたい逸品の肴……。島田雅彦さんが体験してきた酒場天国の数々をコトバで再現し、「こんな酒場で飲みたい」という…

エッセイ 「空想居酒屋」第5回 〔屋台というハッピー・プレイス〕 島田雅彦

昔は治安もよく、地域住民が互いに顔見知りであることの安心もあってか、街をほっつき歩く子どもが今よりたくさんいた。少子化が問題になる以前は、子ど…