マガジンのカバー画像

連載

222
ミステリー小説や食エッセイから、小中学生向けの教養読み物まで、さまざまな興味・関心を刺激する作品を取りそろえています。
運営しているクリエイター

#密室

物理的証拠がなく見えない先行き。被害者の生前の姿と人柄に手がかりは――中山七里「彷徨う者たち」

本格的な社会派ヒューマンミステリー『護られなかった者たちへ』『境界線』に続く、「宮城県警シリーズ」第3弾。震災復興に向けて公営住宅への移転が進む仮設住宅で発生した、殺人事件。14年の歳月が、幼馴染たちの境遇も互いの関係性を変えた。自身の苦い思い出を胸に蓮田は―― ※当記事は連載第5回です。第1回から読む方はこちらです。 二  再建と利権1  二回目の捜査会議は東雲の仏頂面で始まった。  前回に告げられた捜査方針は鑑取りの継続で掛川と接点のある者を洗い出すことと、犯人の逃走

スキ
22

捜査とともに埋められていく14年の空白、呼び覚まされていく幼馴染との思い出――中山七里「彷徨う者たち」

本格的な社会派ヒューマンミステリー『護られなかった者たちへ』『境界線』に続く、「宮城県警シリーズ」第3弾。震災復興に向けて公営住宅への移転が進む仮設住宅で発生した、殺人事件。幼馴染・大原知歌の思わぬ過去を知った蓮田刑事は、複雑な思いを抱えて捜査会議を迎えるが―― ※当記事は連載第4回です。第1回から読む方はこちらです。 4  一回目の捜査会議は事件発生と初動捜査の成果を報告する場に留まった。  司法解剖についてはまだ報告が届いていないため、唐沢検視官の見立てで話が進められ

スキ
13

14年ぶりの同級生との再会がもたらす、変わらないと、変わってしまったもの――中山七里「彷徨う者たち」

本格的な社会派ヒューマンミステリー『護られなかった者たちへ』『境界線』に続く、「宮城県警シリーズ」第3弾。震災復興に向けて公営住宅への移転が進む仮設住宅で発生した、殺人事件。聞き込みを続ける笘篠刑事と蓮田刑事の前に、蓮田の幼馴染が表れて―― ※当記事は連載第3回です。第1回から読む方はこちらです。 3 「どうして知歌がここにいるんだよ」 「将ちゃん何でここに」 「俺は事件の捜査で」 「わたしは皆本さんの担当で」  二人でほぼ同時に喋るものだから騒々しいことこの上ない。傍か

スキ
19