マガジンのカバー画像

教養・ノンフィクション

268
各分野における最新の知識や再発見、情報の最前線から得た知見など、半歩先の知的好奇心を満たす記事を公開中。
運営しているクリエイター

#科学

ずっと続く満ち足りた生活のために――今だから知っておきたい!「ウェルビーイング」にきく『WHOLE BRAIN 心が軽くなる「脳」の動かし方』

 新型コロナウイルスの影響もあり、思考のパラダイムシフトやワークライフバランスの見直しがより重要視されるなか、大きな注目を浴びているのが「ウェルビーイング」という考え方です。「一時的な幸せ(happiness)」と異なり、「ウェルビーイング(well-being)」では満たされた状態が続きます。心身の健康だけでなく、幸せを感じたり社会的に良い状態を維持していたりするなどすべてが満たされている状態がウェルビーイングといえるでしょう。  脳卒中から回復するまでの体験を綴り、世界中

スキ
22

脳全体(ホール・ブレイン)を活かして思考のクセを変える――『WHOLE BRAIN 心が軽くなる「脳」の動かし方』

あなたの「脳」には〈4つの人格〉がある!?  ベストセラー『奇跡の脳~脳科学者の脳が壊れたとき』(竹内薫訳、新潮社)の著者、ジル・ボルト・テイラー博士の最新刊『WHOLE BRAIN 心が軽くなる「脳」の動かし方』が発売されました。脳卒中を克服した脳科学者が気づいたのは、「脳」と「自分」の関係を見つめなおして、心穏やかな人生を送る方法でした。  本書を訳しながら、次第に心が楽になっていったという、翻訳者の竹内薫さんのあとがきを抜粋してご紹介します(*見出しは編集部)。 ――

スキ
47

物理学者にとって美とは何か? 「万物の理論」の最先端をめぐる新刊『神の方程式』発売記念、著者ミチオ・カク氏特別インタビュー(後編)

アメリカで2021年4月の発売以来、8万5千部を売り上げている『神の方程式』の待望の日本語版が発売になりました(斉藤隆央訳・NHK出版)。本書の刊行を記念して行った著者インタビューの後編は、究極理論を追求する物理学者にとっての美――「対称性」を中心に語っていただきました。 *インタビューの前編はこちらです。 取材・写真:大野和基 真に偉大な理論は、子どもにもわかる――本書『神の方程式』は、「万物の理論」をめぐる科学者たちの挑戦をクロノロジカル(時系列)に描き出すところから始

スキ
19

宇宙のすべてを記述する数式とは何か? 「万物の理論」の最先端をめぐる新刊『神の方程式』発売記念、著者ミチオ・カク氏特別インタビュー(前編)

たったひとつの方程式からあらゆる事象を導き出す――。そんな科学の究極の目標に、現代物理学はどこまで近づいているのか? “究極理論”の最有力候補とも言われる「ひも理論」研究の第一人者であるミチオ・カク博士が、過去の科学者たちの挑戦の物語から、最新研究の到達点と課題までをコンパクトに記した『神の方程式』の日本語版が発売になりました(斉藤隆央訳・NHK出版)。本書の刊行を記念して、zoomで行った著者インタビューを前・後編に分けて掲載します。 取材:大野和基 アインシュタインが目

スキ
28

「物理学の面白さをみんなのものに――ロヴェッリ新作への扉」冨永 星(翻訳家)

 物理学者の著作が世界中でベストセラーになるという、ちょっと珍しい事態が起きている。著者の名はカルロ・ロヴェッリ。イタリア人の理論物理学者だ。その著作の世界での累計発行部数は250万部を超えている。日本では新作の『世界は「関係」でできている』が発売になったところだが、今回は訳者の冨永星氏にロヴェッリの著作の特長や、新作をより深く楽しんでいただくための書籍や対話の記録を紹介していただいた。 物理学の面白さをみんなのものに  芸術作品や文学作品であれば、興味を持ちさえすれば誰で

スキ
26

著書累計250万部超! 世界が注目する物理学者カルロ・ロヴェッリ氏の新作序文を特別公開

2年前に刊行された『時間は存在しない』が話題を呼び、そのエレガントな文体と鋭い洞察が日本でも人気の著者カルロ・ロヴェッリ氏。彼の新作『世界は「関係」でできている~美しくも過激な量子論』が10月29日に発売される。新作のテーマは量子論だが、そこから話題は科学の真髄や哲学にもおよび、わたしたちを“真実”をめぐる旅へといざなう――。発売を記念して、新作の「序文」を先出しでご紹介したい。 深淵をのぞき込む  チャスラフとわたしは、砂浜に座り込んでいた。香港で開催された会議の午後の休

スキ
38

好評新刊『時間は存在しない』より 訳者あとがき by 冨永星

発売直後に増刷が決まり、いま大注目の『時間は存在しない』。ここでは訳者・冨永星氏のあとがきを特別にご紹介します。著者のカルロ・ロヴェッリ氏と本書の魅力はどこにあるのか――。訳者ならではの読み解きをお楽しみください。  これは、カルロ・ロヴェッリの一般の人々に向けた四冊目(邦訳される作品としては3冊目)の著書L'ordine del tempo(時間の順序)の、著者自身が手を入れた英語版とイタリア語原書にもとづく日本語全訳である。  2017年から2018年にかけて原書とそ

スキ
10

ミチオ・カク博士の特別インタビュー(後編) 「地球外生命は存在する」

世界的に高名な理論物理学者であり、科学の伝道師としても人気を誇るミチオ・カク博士の新刊は「宇宙への人類の進出」がテーマだ。邦訳『人類、宇宙に住む』(小社刊、4月25日発売)の刊行にあたり実現した、カク博士への特別インタビューの後編をお届けする。 取材・写真撮影=大野和基 ――前回のインタビューでAIは宇宙探査を加速させると仰っていましたが、宇宙探査をさらに加速させるには他に何が必要でしょうか。  まず必要なことは宇宙旅行のコストを下げることです。現在、1ポンド(約450

スキ
2

ミチオ・カク博士の特別インタビュー(前編) 「今世紀中に人類は、火星に住むようになる!」

世界的に高名な理論物理学者であり、科学の伝道師としても人気を誇るミチオ・カク博士の新刊は「宇宙への人類の進出」がテーマだ。邦訳『人類、宇宙に住む』(小社刊、4月25日発売)の刊行にあたり実現した、カク博士への特別インタビューを2回にわたりお届けする。 取材・写真撮影=大野和基 ――新刊の原書タイトルは“The Future of Humanity(人類の未来)”で、今までお書きになった本とくらべると壮大なテーマですね。この本を書こうと思ったきっかけは何ですか。  地球上

スキ
12