教養・ノンフィクション

220
「木」こそが人類の歴史をつくった! 700万年にわたる壮大な物語を解き明かす『「木」から辿る人類史』
+2

「木」こそが人類の歴史をつくった! 700万年にわたる壮大な物語を解き明かす『「木」から辿る人類史』

 ⽊を多用した温かみのあるデザインが話題となった新国立競技場をはじめ、暮らしに木材を取り入れて、森を育てるエコ活動「木づかい運動」が広がるなど、最近、「木」を身近に感じる機会が増えています。  木は、はるか昔から、私たち人類の進化と文明の発展に深く関係してきました。なぜ、どのように、人類は木を利用し、今日の社会を築くまでになったのか、その壮大な道すじを解き明かしたのが、『「木」から辿る人類史 ヒトの進化と繁栄の秘密に迫る』(2021年9月28日発売)です。  本書より、人間が

スキ
59
「形」を知ると、身体のしくみと進化が見えてくる!――「キリンと人間、どこが違う?[超高血圧!キリンの心臓の仕組み]」郡司芽久
+3

「形」を知ると、身体のしくみと進化が見えてくる!――「キリンと人間、どこが違う?[超高血圧!キリンの心臓の仕組み]」郡司芽久

 キリンと人間はまったく違う動物? 生き物の身体の「形」を比べてみると、意外な共通点が見つかります。動物学者で「キリン博士」こと郡司芽久さんが、動物の身体をめぐる謎やユニークな進化についてわかりやすく解説。浅野文彦さんのイラストも必見!  今回のテーマは「心臓」。生き物のなかで最も高血圧なキリン。その理由は長い首にあります。血液を身体の隅々まで送り出す心臓は、長い進化を通してどのように変わってきたのでしょうか。  *当記事は連載第8回です。第1回から読む方はこちらです。 地

スキ
39
「形」を知ると、身体のしくみと進化が見えてくる!――「キリンと人間、どこが違う?[ゾウは大胆、キリンはエレガントな消化のしくみ] 」郡司芽久
+3

「形」を知ると、身体のしくみと進化が見えてくる!――「キリンと人間、どこが違う?[ゾウは大胆、キリンはエレガントな消化のしくみ] 」郡司芽久

 キリンと人間はまったく違う動物? 生き物の身体の「形」を比べてみると、意外な共通点が見つかります。動物学者で「キリン博士」こと郡司芽久さんが、動物の身体をめぐる謎やユニークな進化についてわかりやすく解説。浅野文彦さんのイラストも必見!  今回のテーマは、臓器のなかでも意識することの多い「消化器官」。食べ物の消化は口に入った瞬間から始まっており、「きちんと嚙まないと消化に悪い」はまさにそのとおり。ヒト、キリン、ゾウなど動物による消化の違いにも注目です!  *当記事は連載第7回

スキ
53
教育大国スウェーデンで生まれた楽しく学ぶ人類史『こどもサピエンス史』の著者に会いに行く~久山葉子

教育大国スウェーデンで生まれた楽しく学ぶ人類史『こどもサピエンス史』の著者に会いに行く~久山葉子

翻訳者の久山葉子さん(スウェーデン在住)が、『こどもサピエンス史』の著者、ベングト=エリック・エングホルム氏の別荘を訪ね、できあがったばかりの日本語版を届けました。そのときの様子を久山さんに伝えていただきます。著者が翻訳者に語った、この本で伝えたかったことは……? ※ヘッダー写真提供:Mon B&B Haverö(Twitter @BHavero) 生まれ育った湖畔に建つ赤い小屋  美しい夏の週末に『こどもサピエンス史』の著者であるベングト=エリック・エングホルム氏の別荘を

スキ
30
「形」を知ると、身体のしくみと進化が見えてくる!――「キリンと人間、どこが違う?[小さな腎臓の大きな秘密] 」 郡司芽久
+3

「形」を知ると、身体のしくみと進化が見えてくる!――「キリンと人間、どこが違う?[小さな腎臓の大きな秘密] 」 郡司芽久

 キリンと人間はまったく違う動物? 生き物の身体の「形」を比べてみると、意外な共通点が見つかります。動物学者で「キリン博士」こと郡司芽久さんが、動物の身体をめぐる謎やユニークな進化についてわかりやすく解説。浅野文彦さんのイラストも必見!  今回のテーマは郡司さんイチ押し臓器の「腎臓」。尿作りを淡々とこなす地味な存在と思われがちですが、身体のわがままな要求に完璧にこたえる精緻な構造と柔軟性を兼ね備えた器官なのです。  *当記事は連載第6回です。第1回から読む方はこちらです。

スキ
46
「形」を知ると、身体のしくみと進化が見えてくる!――「キリンと人間、どこが違う?[夏前に知っておきたい皮膚の話]」 郡司芽久

「形」を知ると、身体のしくみと進化が見えてくる!――「キリンと人間、どこが違う?[夏前に知っておきたい皮膚の話]」 郡司芽久

 キリンと人間はまったく違う動物――それは本当でしょうか? 生き物を知るうえで比較はとても大事です。動物学者で「キリン博士」こと郡司芽久さんが、動物の体の「形」の謎やユニークな進化についてわかりやすく解説します。浅野文彦さんのイラストも必見!  今回のテーマは「皮膚」。皮膚は身体の表面を覆う「膜」ではなく、生命活動を支える重要な「臓器」なのです。紫外線が強くなるこの季節、大切な皮膚の働きについて知っておきましょう。  *当記事は連載第5回です。第1回から読む方はこちらです。

スキ
62
比べると、生き物の身体のしくみと進化が見えてくる!――「キリンと人間、どこが違う?[“手のひらクルン”はヒトの特徴?]」郡司芽久

比べると、生き物の身体のしくみと進化が見えてくる!――「キリンと人間、どこが違う?[“手のひらクルン”はヒトの特徴?]」郡司芽久

 キリンと人間はまったく違う動物――それは本当でしょうか? 生き物を知るうえで比較はとても大事です。動物学者で「キリン博士」こと郡司芽久さんが、動物の体の「形」の謎やユニークな進化についてわかりやすく解説します。浅野文彦さんのイラストも必見!  今回のテーマは「手足」。キリンの「膝」は「かかと」? 足と首はどっちが長い? 動物の手足のさまざまな違いには、生きるための理由があるのです。  *当記事は連載第4回です。第1回から読む方はこちらです。 キリンの首とキリンの足  休日

スキ
89
比べると、生き物の身体のしくみと進化が見えてくる!――「キリンと人間、どこが違う?[身体のスキマ「首」の謎]」郡司芽久

比べると、生き物の身体のしくみと進化が見えてくる!――「キリンと人間、どこが違う?[身体のスキマ「首」の謎]」郡司芽久

 キリンと人間はまったく違う動物――それは本当でしょうか? 生き物を知るうえで比較はとても大事なのです。動物学者で「キリン博士」の郡司芽久さんが、動物の体の「形」の謎やユニークな進化について楽しく解説します。浅野文彦さんのイラストも必見!  今回のテーマは「首」。「キリンと人間の最大の違い」とも言える「首」の奥深い謎に挑みます。  *当記事は連載第3回です。第1回から読む方はこちらです。 「首」っていったいなんだろう? 「首が違うと思います」  この連載の第1回が配信された

スキ
27
比べてみると、生き物の体のしくみが見えてくる!「キリンと人間、どこが違う?」郡司芽久

比べてみると、生き物の体のしくみが見えてくる!「キリンと人間、どこが違う?」郡司芽久

 キリンと人間はまったく違う動物――それは本当でしょうか? 生き物を知るうえで比較はとても大事なのです。動物学者で「キリン博士」の郡司芽久さんが、動物の体の「形」の謎やユニークな進化について楽しく解説します。浅野文彦さんのイラストも必見!  今回のテーマは「ツノ」。動物のツノは何のためにあるのでしょうか?  *当記事は連載第2回です。第1回から読む方はこちらです。 キリンのツノは、役立たず?  キリンの頭には、2本の短い突起が生えている。突起の周囲は毛に覆われて〝ぽわぽわ

スキ
48
比べてみると、生き物の体のしくみが見えてくる!「キリンと人間、どこが違う?」郡司芽久

比べてみると、生き物の体のしくみが見えてくる!「キリンと人間、どこが違う?」郡司芽久

 キリンと人間はまったく違う動物――それは本当でしょうか? 生き物を知るうえで比較はとても大事なのです。動物学者で「キリン博士」の郡司芽久さんが、動物の体の「形」の謎やユニークな進化について楽しく解説する新連載。浅野文彦さんによるイラストも必見! 「解剖学」ってなんだろう?  医者ではない。獣医でもない。そんな私が「解剖学」という学問に出会って12年がたった。振り返ると、死と向き合いつづけたこの12年の日々は、生と向き合う時間でもあった。  解剖学は、大雑把にいえば、体の

スキ
175