教養・ノンフィクション

205
少年の筆が色を失った世界に光を取り戻していく――ファンタジーの名手・刀根里衣さんによる最新絵本『にじいろのせかい』より

少年の筆が色を失った世界に光を取り戻していく――ファンタジーの名手・刀根里衣さんによる最新絵本『にじいろのせかい』より

 ちっぽけな自分にも、何かできることはないだろうか――。筆とパレットを手にした絵描きの少年が、真っ暗な世界に色をつけていく。周囲に彩りが戻ったとき、少年が目にしたものとは……。  絵本作家・刀根里衣さんにとって2年ぶりの新作絵本『にじいろのせかい』が、11月10日に発売されます。これまで経験したことのない日常を送っているわたしたちをやさしく前向きな気持ちにさせてくれる作品です。  さて、ミラノ在住の刀根さんと担当編集者Hが校了後にオンラインでやりとり。本作が生まれたきっかけか

18
イタリア 感染爆発の酸鼻――感染症が白日の下にさらしたその国家のすがたとは?〔前編〕

イタリア 感染爆発の酸鼻――感染症が白日の下にさらしたその国家のすがたとは?〔前編〕

 2020年2月19日、イタリアで何が起きたのか? 欧州最初の集団感染が起こったドイツは、なぜ感染拡大を抑え込むことができたのか? 欧州ロックダウンを体験した在独30年のジャーナリストが、欧州各国の危機対応力を徹底分析。新型コロナウイルスの「第2波」が懸念される今、日本が選ぶべき「国のかたち」を提言します。  当記事は、8月11日刊行のNHK出版新書『パンデミックが露わにした「国のかたち」~欧州コロナ150日間の攻防』よりその一部を抜粋し、前後編にわたってお届けするものです。

6