教養・ノンフィクション

86

SFはなぜ「滅亡的事態」を描くのか?――混濁した不透明な世界で生きるために

未知のウイルス・パンデミックを描いた『復活の日』、日本の国土が海没する『日本沈没』等の小…

赤坂真理「愛と性と存在のはなし」最終回 〔セクハラ論議はなぜ一面的なのか――言葉…

※連載第1回から読む方はこちら 「セクハラ」という言葉が見えなくする真実  愛と性をめぐ…

貧困は拡大し、人命は軽視される…。すべての源は五輪イヤーにあった!〔後編〕 貴志…

五輪イヤーの実相に迫るノンフィクション『1964 東京ブラックホール』。前編に引き続き、第一…

貧困は拡大し、人命は軽視される…。すべての源は五輪イヤーにあった!〔前編〕 貴志…

労働者搾取、格差社会、性差別、猟奇犯罪、東京一極集中、一党支配、対米依存、汚職・隠蔽、そ…

中野京子「異形のものたち――絵画のなかの怪を読む 《人はなぜヘビを嫌い、恐れるの…

画家のイマジネーションの飛翔から生まれ、鑑賞者に長く熱く支持されてきた、名画の中の「異形…

「ゲームがやめられない!」「ぼくのやる気のスイッチはどこに?」「心ってどこにある…

「本がひらく」で2019年7月から7回にわたり連載した「そのモヤモヤ、かいけつします」に、新た…

なぜ人は死を怖れるのか? 人生の意味を自分で勝ち取るために「死生観」を養おう――…

還暦=60歳を過ぎた頃から、いよいよ気になり始める自分の死。 人生後半戦を不安にさいなまれ…

京都御所は、なぜあれほど巨大なのか!? 「1200年の都」の知られざる歴史を探る

世の中には、当たり前のことすぎて普段は気にも留めないけれど、よくよく考えると「??」とい…

「NHK出版新書を探せ!」第3回 「『自粛を要請』『新しい生活様式』……新たな言葉が…

突然ですが、新書と言えばどのレーベルが真っ先に思い浮かびますか? 老舗の新書レーベルには…

IT批評の第一人者・尾原和啓氏が、 ネットビジネスの現在地と未来を語る

『ITビジネスの原理』や『アフターデジタル』など数々の著書で、ベンチャー経営者やDX関係者、…