NHK出版新書

65
なぜ人は死を怖れるのか? 人生の意味を自分で勝ち取るために「死生観」を養おう――齋藤 孝

なぜ人は死を怖れるのか? 人生の意味を自分で勝ち取るために「死生観」を養おう――齋藤 孝

還暦=60歳を過ぎた頃から、いよいよ気になり始める自分の死。 人生後半戦を不安にさいなまれず過ごすには、どうすればよいか? NHK出版新書『極上の死生観 60歳からの「生きるヒント」』を上梓した著者が、あなたをとらえて離さない「死の不安」に打ち克つ方法を考える。 余生という意識  誰でも若い時は、「やがて必ず自分も死ぬ時がくる」ということを、なかなかイメージできないものだ。しかし、40代の後半にさしかかる頃から、老いとは言わないまでも身体のちょっとした衰えを自覚し、「そう

30
出向、早期退職、役職定年……
55歳の危機を突破して、後半生を幸せに生きるコツ――齋藤 孝

出向、早期退職、役職定年…… 55歳の危機を突破して、後半生を幸せに生きるコツ――齋藤 孝

人生最大の転機が訪れるのが55歳。“仕事第一”の生活をまだまだ続けるか? それともギアチェンジして、新しい生き方に挑戦するか? 齋藤孝氏が教える、これからを幸せに生きるためにいちばん大切なこと。  55歳頃になると、社会における立ち位置について、変化が現れてきます。 その最大のものが、「暇になる」ということです。  「それどころか、近頃ますます忙しいよ。暇があったらどれだけいいことか」  「まだまだ働き盛りなのに、寂しいことを言わないでほしい」 そう反論される方も多いでしょ

16